« 宇科連1日目 | トップページ | 宇科連2日目 »

2009年9月10日 (木曜日)

H-IIB試験機の見え方予測

H-IIBロケット試験機の打ち上げは、9月11日未明の午前2時01分46秒の予定。
オフィシャルページはここ → HTV/H-IIB特設サイト

今回も各地からの見え方を計算してみました。
経路の情報は、JAXAの「平成21年度夏期ロケット打上げ及び運用管制計画書」(PDF)からデータを抽出しました。高度と水平距離は表から。緯度経度はグランドトラックの図から読み取り。データが無い点は多項式近似で補間しました。

図中の略号
SRBは固体ロケットブースター
MECOは第1段エンジン燃焼終了

オレンジの軌跡はSRB燃焼中。白い太線は第1段燃焼中。SRBは4本で、第1ペアと第2ペアが2秒差で分離されます。僅差なので第1ペアのほうだけ図示してあります。図は縦方向に強調されています。実際はもっと平べったい形です。

画像をクリックで拡大します。

鹿児島からの見え方
Kagoshima

福岡(九大)からの見え方
Fukuoka

大阪からの見え方
Osaka

東京からの見え方
Tokyo

日中だと、オレンジ色のSRB燃焼でないと見えにくいですが、今回は深夜なので、液酸・液水のメインエンジンの淡い光でも見えるかもしれません。ISSの軌道傾斜に合わせて南東向きに打つため、真東に打つ静止衛星の経路に比べ、早く日本の本土から離れ、見た目の軌跡も低くなっています。第二段エンジンの燃焼終了と、HTVの分離は、本土からは見えません。

-----追記
しょーこのぶろぐ「H-IIB打ち上げ 飛行イメージ」(8月14日)
Google Earthを使って、臨場感ある経路予報グラフィックを作成されています。

kaputnik1957 「種子島の横着星」(9月10日)
浜松からの見え方を予測されています。

野尻blog「大王崎でH-2B打ち上げを見た」(9月11日)
三重県の志摩半島から、SRBらしき光が見えたそうです。

|

« 宇科連1日目 | トップページ | 宇科連2日目 »

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

このページの見え方予測を利用させていただきまして、
大阪近辺からですが低空に一瞬光が見えました!打ち上げを見たのは人生初です
多分ロケットの淡い光だったと信じたいです
双眼鏡で見える予定のギリギリの高さの山の上に4等級程度の光がすーっと動き、数秒したら消えてしまいましたが、時刻的にちょうど
第一段エンジンの停止と同時頃だったと思いますので
見間違いでなければロケットの可能性は高かったと思います
もっと明るければ確認も楽だったのですが

ベランダから見える範囲も真南の幅10度くらいの家の隙間でしたのでもっと広い所で見たかったですが…

ともあれ、すごく参照になりありがとうございました!

投稿: | 2009年9月11日 (金曜日) 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/46169808

この記事へのトラックバック一覧です: H-IIB試験機の見え方予測:

« 宇科連1日目 | トップページ | 宇科連2日目 »