« 宇宙科学技術連合講演会 申込 | トップページ | 別送手荷物 »

2009年6月 5日 (金曜日)

MATLAB Linux版のキーボードショートカット

ここで開発に使っているLinux版MATLABの、キーボード・ショートカットが、下の図のようになっていて、「なんでコピペが、Alt+WとCtrl+Yなんだよ?」と疑問でした。モディファイア・キーも違うから、コピーからペーストへの動きで、手にひねりが入るし、Ctrl+Yなんて手がつりそうです。さらに不思議なことに、同じMATLAB上でもSimulinkのほうは、Windows版と同じショートカット。

ドイツ語キーボードはYとZが逆だから、ドイツ語キーボードで使いやすいようにYなのかな?と勝手に思っていたのですが、今さら謎が解けました。MATLABのPreferencesに、「key binds」の項目があり、選択肢がデフォルトの「MATLAB standard (Emacs)」になっていました。Emacsは使ったことがないので、このショートカットの由来を気付きませんでしたよ。これを選択肢「Windows」にしたら、解決しました。

早く、気付けばよかった。作業効率が悪いったらありゃしない。

|

« 宇宙科学技術連合講演会 申込 | トップページ | 別送手荷物 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/45248269

この記事へのトラックバック一覧です: MATLAB Linux版のキーボードショートカット:

« 宇宙科学技術連合講演会 申込 | トップページ | 別送手荷物 »