« 焼き具合は? | トップページ | ISTS paper submission »

2009年5月26日 (火曜日)

Word 2007 数式ツールでの「等号揃え」

Word 2007の数式ツールで、複数行の数式を等号で揃える機能について、私以外にも悩んだ人が多いと思うので、手順をメモします。pencil

今まで、2×2の行列を作って、等号以降を2列目に、左下要素を空にして、強引にレイアウトしていました。

数式の等号など、揃えたい記号を右クリックすると、コンテキストメニューに、「この文字に揃える」というのがあるので、等号揃え機能があるはず。このメニューを実行すると、選んだ記号の左にグレーの縦線が現れて、それっぽいのですが、その先の操作方法が分かりませんでした。数式エディタやMathTypeの場合のように、Tabキーを押してみたり、ルーラーのTab位置を設定してみたりしても変化無し。

なぜかWordのヘルプは、数式についてたいした記述が無く使い物になりません。ググっても、「この文字に揃える」の使い方が見つかりませんでした。「Yahoo!知恵袋」で質問して、ようやく判明しました。

・数式の「配置」は「左揃え」か「グループ化して中央揃え」にする
 (右下の▼メニューの中)
・コンテキストメニューの「この文字に揃える」で記号を指定
・2行目を作る改行はコンテキストメニューの「任意指定の改行を挿入」
 (Enterや、Shift+Enterではだめでした)
・2行目の先頭でTabキー


できた!

|

« 焼き具合は? | トップページ | ISTS paper submission »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/45143195

この記事へのトラックバック一覧です: Word 2007 数式ツールでの「等号揃え」:

« 焼き具合は? | トップページ | ISTS paper submission »