« 「九州を宇宙開発の拠点に!暮らしはどう変わる?」 | トップページ | 路面電車 1ヶ月券 »

2009年4月 1日 (水曜日)

若田飛行士、あの「衛星」捕獲へ

朝鮮民主主義人民共和国が予告している、衛星打上ウィンドウにおいて、発射のタイミングによっては、若田飛行士が搭乗する国際宇宙ステーション(ISS)がニアミスをする可能性がでてきた。

防衛省では、この「衛星」をISSのロボットアームで捕獲可能か検討を始めている。若田飛行士は、初飛行の1996年に日本の実験衛星SFUの捕獲経験があり、NASAの宇宙飛行士の中でもロボットアーム操作技術の評価が高い。若田飛行士のサインに添えられるメッセージ「つかめ未来を」も、それを象徴している。

一方、ISSを運用するNASAとJAXAでは、「接近したとしても、軌道傾斜角が違う。軌道間の相対速度というものを分かっていない。あの『衛星』の安全性も分からない。」として、この発案を危惧している。







----- 4月2日 追記 -----

上記の軌道の図だけは本当です。Orbitronで作成しました。もちろん飛行高度も違うので、二次元の地図で北朝鮮の近くを飛行するからといって、ニアミスする訳ではありません。ご安心を。

↓今年も収集してみました。
エイプリルフール、宇宙関係リンク集

|

« 「九州を宇宙開発の拠点に!暮らしはどう変わる?」 | トップページ | 路面電車 1ヶ月券 »

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

大変楽しく smile笑わせてもらいました

来年もよろしくお願いします

投稿: 浜松メロン | 2009年4月 2日 (木曜日) 10:30

浜松メロンさん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

今年の宇宙系では、やっぱりあの時事ネタが多かったですね。大手がやると気まずいけど、個人レベルで。

投稿: ごんざぶろう | 2009年4月 3日 (金曜日) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/44528865

この記事へのトラックバック一覧です: 若田飛行士、あの「衛星」捕獲へ:

« 「九州を宇宙開発の拠点に!暮らしはどう変わる?」 | トップページ | 路面電車 1ヶ月券 »