« ISTS 6月7日 | トップページ | 野望 »

2008年6月 8日 (日曜日)

ISTS 6月8日

昨夜降り出した雨が、朝になっても降り続いている。rain
今日のロケット打上イベントは「雨天中止」(ただし小雨決行)
予報では、午後には「曇,20%」だけど、大丈夫だろうか。

ホテルをチェックアウトし、表に出たところで秋山先生のRVrvcar拉致される運良く拾っていただく。秋山先生のボスが偶然私と同じホテルに泊まっていて、迎えにきたところにちょうど行き会わせたのでした。さらにもう1名拾って、今日のロケット打上会場の中田島砂丘へ。
さもなければ、旅行カバンを引きずって、バスで会場へ行く覚悟でした。

午前中からロケットボーイズがハイブリッドロケットの組立。

機体には、スポンサーのISTS,サントリー,東芝,IHIのロゴ入り。

秋山先生の(自称)晴れ男sunパワーで雨が上がり、午後は曇りどころか晴天!暑い。しかし3月の種子島で学習が足りず、また日焼け対策なし。

ロケットガールズは、子供たちのモデルロケット工作を指導。

打上直前、射点上空に突如、飛行船が飛来。

後で知りましたが、この日のNHKの環境特別番組「SAVE THE FUTURE」の企画「飛行船中継 CO2の旅」のものでした。
あのまま発射したら、撃ち落とせそうな高度でした。

飛行船が行ってから、14時15分 打上。

私としたことが初歩的ミス。ビデオカメラのAFを切り忘れていて、発射直後にビンボケになり、ファインダーから見失って撮影失敗。パラシュート降下中は撮れました。

鉄則
「ロケットやCANSATを撮るときはAFを切る」

ビデオカメラもデジカメも、空中の小さな飛翔体へのAFは苦手です。
発射前にAFで合焦させておいてからAFロックするか、ピントを無限遠にしてしまってもよい。

-----
帰りも浜松駅まで秋山車で送ってもらいました。

乗り継ぎにはまだ早いけど、とりあえず来た「ひかり」に乗る。bullettrain
17時頃名古屋着。予約してある「のぞみ」への乗り継ぎに、1時間くらいあったので、中の待合室に行き、浜松でいただいたうなぎ弁当を食べたり、読書したり。
待合室のTVでNHKが流れていて、さっきの飛行船の正体を知りました。ゴールの東京上空に現れたらしい。
そして秋葉原での事件もここで知りました。事件の異常さもさることながら、携帯カメラで被害者や容疑者を撮る人々と、そういった映像を入手して放送するTV局に嫌悪感を覚え、画面から目をそむけ読書bookに集中していた。

23時ごろ帰宅。

-----
過去数日分の記事にもまとめて写真を追加しました。
今回は荷物を減らすため、HDビデオカメラのみで、スチルカメラは持たず。
掲載した写真はすべて、動画から切り出した静止画。

|

« ISTS 6月7日 | トップページ | 野望 »

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/41509957

この記事へのトラックバック一覧です: ISTS 6月8日:

« ISTS 6月7日 | トップページ | 野望 »