« ホワイトデー | トップページ | 愚痴です »

2008年3月18日 (火曜日)

2.45GHzの混信

家庭内の無線LANがときどき切れます。
しばらく前から、怪しいと思っていた原因は、同じ2.45GHzを使う「電子レンジ」
今日、電子レンジを使い始めたとたんに、無線LANが切断されるのを確認しました。

もしかして、研究室の無線LANが不安定なのも、そのせい?

2.45GHzというのは「電波のゴミため」とも揶揄されるように、他の重要な無線通信バンドを確保した残りの、隙間のバンドです。そのため、通信目的でない(電波の質を問わない)電子レンジや、技術的に後発の無線LAN、そして立場の弱いアマチュア無線が、2.45GHzを共用しています。
参考:総務省>電波利用ホームページ>周波数割当計画 960-3000MHz (PDF)

|

« ホワイトデー | トップページ | 愚痴です »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/40555746

この記事へのトラックバック一覧です: 2.45GHzの混信:

« ホワイトデー | トップページ | 愚痴です »