« 家庭内LAN再構築 | トップページ | 人間ドック受付代行業 »

2007年10月24日 (水曜日)

嫦娥一号の想像図の怪

中国の月探査機「嫦娥一号」の打上が成功しました。

奇妙なことに、日本の月探査機LUNAR-Aの想像図が、中国の嫦娥一号として掲載されているページをしばしば見かけます。どうも2006年頃の中国のサイトに多いようです。個人ブログもありますが、新華社のような大手のニュースページにまで。日本の宇宙開発をライバル視しているはずの中国にとって、恥ずかしいミスだし、嫦娥の開発者たちに対して失礼です。

本物のLUNAR-Aのページはこちら
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/lunar-a/

察するに、嫦娥一号の外観図が公表されていない頃、たまたま誰かが間違えてLUNAR-Aの画像を引用し、それが一人歩きして広まってしまったのではないでしょうか。その状態では「嫦娥一号」で画像を検索すると、誤りのLUNAR-Aの方が出てくるわけですから。

2006年頃の記事に多く、最近は少なくなったものの、上記リスト最後の朝鮮日報(chosunonline)や中国の某役所(gov.cn)は昨日の記事です。


----- 追記
この件、はやぶさまとめニュース(2006/12/29)や、大木社長のブログ(2007/1/16)でも既出でした。

|

« 家庭内LAN再構築 | トップページ | 人間ドック受付代行業 »

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

Wikipediaの人工衛星の軌道要素
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%81%AE%E8%BB%8C%E9%81%93%E8%A6%81%E7%B4%A0
で、近点角の図
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Orbital-element2.png
と説明が間違っているのですが、アマチュアの電波/通信関係のページでは同じ間違いをしているものがたくさんあります。
平均近点角がこんなのだったら、真近点角が時間の陰関数で苦労しなくて済むのですけどね。

投稿: おーの | 2007年10月26日 (金曜日) 21:58

そしたら、おーのさんがWikipediaを加筆されては?
・・・そんな暇人じゃ無いですね。

私は誤字退治ていどですが、見つけたら修正しまくっています。「シュミレーション」とか「緒元」とか「冶具」とか「デヴュー」とか。

投稿: ごんざぶろう | 2007年10月31日 (水曜日) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/16859376

この記事へのトラックバック一覧です: 嫦娥一号の想像図の怪:

« 家庭内LAN再構築 | トップページ | 人間ドック受付代行業 »