« 航空宇宙早口言葉 | トップページ | デジタル一眼レフ 秋商戦 »

2007年8月19日 (日曜日)

銃文化

歯科治療の続き。今日は左上の親不知を抜きました。残り30本。

さて、行っている伊都スマイル歯科・小児歯科では、子供客が多いせいか、診察席に取り付けられた小型液晶モニタで「トムとジェリー」4本立てをエンドレスで流しています。消音状態でも内容が分かるという点で、妥当な選択でしょう。
まあ、大人なのでしかたなく目がいってしまう程度に見ていたのですが、銃がやたら出てくるのが気になりました。失敗したトムに向かって、怒った家の主人が銃を乱射したり、トムも家から銃を持ち出してジェリーに向かって乱射したり。4本中2本で、そんな描写がありました。今ほど銃規制が叫ばれていない時代のものでしょうが、子供番組でこう表現されるほど、銃は身近な存在だったのでしょうね。

そういえば、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」がGyaOで9月30日まで無料配信中です。

|

« 航空宇宙早口言葉 | トップページ | デジタル一眼レフ 秋商戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/16166484

この記事へのトラックバック一覧です: 銃文化:

« 航空宇宙早口言葉 | トップページ | デジタル一眼レフ 秋商戦 »