« H-IIA 11号機の見えかた予測だぞぅ | トップページ | AutoCAD LT体験版 »

2006年12月 6日 (水曜日)

TeX

TEXで書いた卒論の数式に誤りがあったので、修正しました。

昨年の8月のことになりますが、野尻ボードで「作用圏(Sphere of Influence)」の話題がでたときに、その導出式が私の卒論のAppendixに載せてあり、PDF版をWEBで公開しているので、参考にどうぞと紹介しました。
「Titanの大気を利用した土星探査機の減速」1991年(PDF 1.70MB)
すると、その式にうっかりミス(式A9とA10の右辺が入れ違い)があるのを見つけてもらい、いつか直さねばと思いながら一年以上放置してしまいました。卒論はPC-9801時代にjLaTeXで書いたもので、今の環境でTeXのソースファイルからPDFを作製するためには、Windows用のTeXをインストールしないといけません。その誤記のあるPDFを作製したときに、いちどTeXインストールしていたのですが、その後パソコンを乗り換えてからTeXは入れておらず、それで修正がおっくうで放置していたのです。

改めてやる気になり、まずはTeXのインストールから。
TeX Wikiというサイトの、「インストール(Windows)」と「PDFの作り方」のページが、情報がまとまっていて、参考になりました。以前に比べ、簡単なインストーラーでTeX環境が構築できるようになっていました。

誤りがあった部分(修正後)はこんな感じ、

とすると、primaryな加速度とdisturbingな加速度との比は、
\begin{eqnarray}
  \frac{{a_{12}}^d}{{a_{12}}^p} &=&
    \frac{m_3}{m_1 + m_2} \, x^3 \sqrt{1 + 3 \nu^2} + O \, (x^4)\\
  \frac{{a_{13}}^d}{{a_{13}}^p} &=&
    \frac{m_2}{m_1 + m_3} \frac1{x^2} \, (1 - 2 \nu x + x^2)
    \sqrt{1 - 2 \nu x^2 + x^4}
\end{eqnarray}
と表される。\par

これをコンパイル(みたいなこと)すると、
↓こうなります。(画像クリックで拡大)
20061206tex

今見ても、TeXの数式って美しいなあ。惚れ惚れするよ。

基本的にテキストファイルなので、プラットフォームに依存しないし、15年経った今でもファイルが使えるあたり、文書資産の再利用性の高さもすばらしい。(ちなみに修論はMacのPageMaker6で書いてあり、今の自分の環境では、より古い卒論より使いづらくなってしまいました。)

とは言うものの、今となってはノスタルジーでしかありません。GUIのワープロ+数式エディタに比べ、どうしても生産性に劣るので、もうTeXには戻れません。

今回も、作業後にTeXをアンインストールしました。また当分使わないだろうし、必要になったら、すぐインストールできることも確認できたから。

|

« H-IIA 11号機の見えかた予測だぞぅ | トップページ | AutoCAD LT体験版 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/13049056

この記事へのトラックバック一覧です: TeX:

« H-IIA 11号機の見えかた予測だぞぅ | トップページ | AutoCAD LT体験版 »