« HAYABUSA@Home | トップページ | ALOS/H-IIA 8号機 »

2005年11月30日 (水曜日)

ハンディ・トランシーバでキューブサットを受信

買ったばかりのVX-7で、東工大のCUTE-Iの受信を試みました。

11月30日18時10分(JST)前後の、福岡の近くを通るパスです。
CUTEは南の空から昇ってきて、まず研究室の固定無線機でCWの受信が始まりました。この無線機では、研究棟の屋上にある八木アンテナで追尾して受信しています。
屋上は施錠されていて出られないので、8階の北側にあるベランダに出てみました。CUTEが天頂付近を通過し北天にまわったころから、ハンディ機でもかすかに入感しはじめました。アンテナは付属の18cmのホイップアンテナのみです。この無線機ではUHF帯はFM固定なので、CWは正常に復調できませんが、それでもザーザザーザッとノイズのような音がモールスのパターンで聞こえました。CUTE-IのCW出力は100mW、このときの距離は1000km程度でしょう。FM出力のほうは350mWでより強いはずですが、よく分かりませんでした。デジタル変調されているので、聞こえてもノイズと区別しにくいでしょう。

学生が一緒に、研究室の超小型無線機アルインコDJ-C7でも挑戦してみましたが、これの付属アンテナは10cmくらいで、やはり無理でした。

話によると、ハンディ機でもゲインの高い(指向性の強い)アンテナを装着すれば、衛星通信できるそうです。

CUTE-I Blog

|

« HAYABUSA@Home | トップページ | ALOS/H-IIA 8号機 »

無線」カテゴリの記事

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/7411556

この記事へのトラックバック一覧です: ハンディ・トランシーバでキューブサットを受信:

« HAYABUSA@Home | トップページ | ALOS/H-IIA 8号機 »