« フィットのリコール | トップページ | 退官記念パーティ »

2005年2月 3日 (木曜日)

UNISEC WS 後刷り原稿の校閲

昨年末に行われたUNISECワークショップの後刷り集の発行準備をしています。1月17日締め切りのところ、現在の提出率は8割くらいかな。みな、修論・卒論で忙しい時期とは思いますが、よろしく。

さて、この月曜に自分の仕事が一山超えたので(すぐまた次の山があるけど)、集まった原稿を2日ほどかけて校閲しました。主に、体裁の不備や、誤字・誤変換などのケアレスミスのチェックです。こちらで直した方が早いものは直し、難しいものは修正のレコメンドを著者に送りました。全体を見て多かったのは、
 CANSAT/CanSat/Cansat/Can-Sat
 センサー/センサ
 3軸/三軸
のような表記の揺らぎ。どれでもいいけど、ひとつの論文の中では統一しておくと見栄えが良い。表のキャプションで「Table.」というのも多かった。「Fig.」につられてピリオドをつけてしまうのだろうけれど、Table は省略形じゃないのでピリオドは要りません。

読んでみて、英語が得意であろうひとの英文Abstractにも、タイプミスが多かったりして、みな忙しい中がんばって書いているのが分かります。

感心したのが、宇宙開発フォーラムUNISONの文系の学生の原稿。さすが誤字がほとんど無いし、文章も理路整然としていました。

|

« フィットのリコール | トップページ | 退官記念パーティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そういう自分も、皆に配布したWordのテンプレート中で、
誤:Enginering
正:Engineering
とか、住所に「東区」が抜けていたりしました。

投稿: ごんざぶろう | 2005年2月 4日 (金曜日) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/2796697

この記事へのトラックバック一覧です: UNISEC WS 後刷り原稿の校閲:

« フィットのリコール | トップページ | 退官記念パーティ »