« センター試験・監督 | トップページ | センター試験「監督業務に関する苦情例」 »

2005年1月18日 (火曜日)

センター試験・総合理科の第1問は「宇宙旅行」の問題

うちの学生なら、これは満点のはず。

問1-1はロケットを題材にした化学の問題
問1-2は燃料電池を題材にした化学の問題
問1-3は無重力状態で力学の問題
問1-4は惑星軌道上での光エネルギーの問題
問1-5は架空の惑星について総合的に考える問題

問題はこちらで公開されています。
読売新聞
毎日新聞
朝日新聞

問1-3について
スペースシャトル内での紙飛行機は毛利飛行士が実演しましたね。
スペースシャトル内でのボール投げは若田飛行士が実演しましたね。
-----
追記:紙飛行機の問題について
トラックバックをいただいた、A-Cubedさんの記事に詳しく解説してありますが、このセンター試験の問題は文中にも断ってあるよう、理想的な状態での縦運動に限定しています。実際、毛利飛行士もかなり練習して臨んだそうですが、上記のリンクで紹介した実験画像でも、紙飛行機がロールしてしまっています。

|

« センター試験・監督 | トップページ | センター試験「監督業務に関する苦情例」 »

学問・資格」カテゴリの記事

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/2615413

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験・総合理科の第1問は「宇宙旅行」の問題:

» センター試験総合理科問題:無重力での紙飛行機の飛行について [Words of A-Cubed Revisited]
今年平成 17 年のセンター試験で総合理科に宇宙旅行に関わる問題が出たそうだ. その内の1問に,無重力状態のスペースシャトル内で紙飛行機を飛ばすというものがある. [続きを読む]

受信: 2005年1月19日 (水曜日) 23:59

« センター試験・監督 | トップページ | センター試験「監督業務に関する苦情例」 »