« プラネタリウム「人工衛星であそんじゃうぞ?!」 | トップページ | SPSシンポジウム:ポスター »

2004年9月20日 (月曜日)

SPSシンポジウム:基調講演

9月16日(木)~17日(金)、九州工業大学で開催された第7回宇宙太陽発電システム(SPS)シンポジウムに参加してきました。
今回は、九工大の趙先生(プラズマ)が幹事、九工大の赤星先生(デブリ)と九大の私(デブリ?)が補佐というスタッフ構成だったこともあり、初日の基調講演は「太陽発電衛星と宇宙環境」をテーマにしました。講師は
宇宙放射線についてJAXAの松本晴久さん
宇宙用太陽電池についてJAXAの今泉充さん
帯電・放電について奈良高専の藤井治久先生
そしてデブリについて、僭越ながら私。

忙しくて、プレゼンの準備にとりかかったのは実質火曜から、前日にデブリの衝突方向分布の計算をしていました。なんとか間に合いました。
SPSとデブリの問題というと、SPSは大きくてデブリがたくさん当たるというのと、SPSから2次デブリが発生したりSPS自身が巨大デブリになるかもしれないという、二つの問題があります。後者の問題を突き詰めると、聴衆に喧嘩を売る講演になりかねないので、話のもっていきかたに苦慮しました。なんとか、そのへんは笑いをとりつつまとめられたようです。

20040920debrisCG
↑これが現在のデブリ環境

|

« プラネタリウム「人工衛星であそんじゃうぞ?!」 | トップページ | SPSシンポジウム:ポスター »

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/1476301

この記事へのトラックバック一覧です: SPSシンポジウム:基調講演:

» デブリ飛来方向分布 [ごんざぶログ]
先日のSPSシンポでの計算結果で、グラフ化が間に合わなくて出せなかった、デブリの [続きを読む]

受信: 2004年9月22日 (水曜日) 22:36

« プラネタリウム「人工衛星であそんじゃうぞ?!」 | トップページ | SPSシンポジウム:ポスター »