« Namazu 2.0.13 | トップページ | 検索さん、いらっしゃい »

2004年4月17日 (土曜日)

Yahoo! グループの広告カット

Yahoo! グループ(旧eGroups)のMLでは、配信されるメールの末尾に数行のテキスト・バナー広告が入ります。ここの広告は、品のないものは入れないので(せいぜい金融系)、まあたいして迷惑とは思わないのですが、実験的にprocmailのレシピで、以下のような広告カッターを作ってみました

#
# Delete Banner from Yahoo! Groups
:0 fw
* ^X-eGroups-Return:
| sed -e "/------------------------ Yahoo! Groups Sponsor ---------------------~-->/,/---------------------------------------------------------------------~->/d"
#

procmailからsedを呼び出して、dコマンドで広告範囲の行を削除します。これで、サーバーに着信した時点で広告部分だけ削除されます。
(これを参考にして、大事なメールを削除してしまっても、当方は責任を負いません。範囲の終了条件を検出し損ねると、それ以後もすべて削除されます。
これだと跡形無く消してしまうので、広告を消したあとに「広告削除済み」とでも挿入するようにしたほうが、より良いだろう。

実際、Yahoo!グループの広告はたいしたことないのですが、procmailを利用できる職場サーバーで受信しているもので、テキスト・バナー広告が入るのが、Yahoo!グループを利用しているUNISEC(大学宇宙工学コンソーシアム)MEF(小天体探査フォーラム)のメーリングリストくらいだったので、これで試してみたまで。送信者を判定する何らかのヘッダ文字列と、広告の開始・終了を示す文字列を修正すれば、他社の広告にも容易に応用できるはずです。

仕事以外のメーリングリストやメールマガジンは、個人のプロバイダ宛に受信しているので、procmailが使えない。ほんとはそっちに、消したい広告がいっぱい来るのだけど。

しかし、返信メールの引用文中に、シグネチャ・テキストはおろか、広告バナーまで含める人が多いのはうんざり。

-----
5月19日 追記
より丁寧な解説ページを公開しています。

|

« Namazu 2.0.13 | トップページ | 検索さん、いらっしゃい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/453428

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo! グループの広告カット:

» 続・メール中の広告テキストバナーを自動削除 [ごんざぶログ]
以前、Yahoo!グループのメーリングリストで自動付加される広告テキストバナーを [続きを読む]

受信: 2004年5月19日 (水曜日) 11:33

« Namazu 2.0.13 | トップページ | 検索さん、いらっしゃい »