« procmail / bsfilter / clamav の連携 | トップページ | プロジェクトX「毛利飛行士 衝撃の危機脱出」 »

2004年4月13日 (火曜日)

航空宇宙工学実験

九大・航空宇宙工学専攻では、3年生後期~4年生前期にかけて「航空宇宙工学実験」という、いわゆる学生実験課目があります。10個ほどある研究室がそれぞれ実験課題を用意し、学生は3~4人ずつの班に分かれ、毎週1か所ずつ巡回します。実験を指導するのは、おおむね各研究室の助手で、私は3年後期に「ランデブーのシミュレーション」、4年前期に「ロケット推進力の測定」という題目で担当しています。
今学期の実験は明日14日が開講。ただし今週と来週は、教室で簡単な事前講義(したい先生だけ)。私の実験はとくに講義を行わないので実質28日スタートですが、実験のマニュアルを明日の講義で配布するので、去年のマニュアルに加筆・修正を加えて、本日、人数分印刷してもらいました。

この実験のマニュアルを、職場のWWWサーバーで公開していますので、興味のあるかたはどうぞご覧下さい。もともと、初回講義で配布後に誤植が見つかったり、実験の設定値を変更したりして、正誤表を配る代わりに昨年からWEBページ化したものです。
また、3年生後期用の「ランデブーのシミュレーション」プログラムも公開してます。JAVAのアプリケーションです。人工衛星の相対運動の軌跡がプロットされるだけなので派手ではなく、わかりにくいかもしれませんが、推進剤や所要時間を制限した、ゲームのようなモード(?)も付けてみましたので、お楽しみ下さい。・・・(クリックしても弾は出ませんよ)

|

« procmail / bsfilter / clamav の連携 | トップページ | プロジェクトX「毛利飛行士 衝撃の危機脱出」 »

航空・宇宙・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23831/435621

この記事へのトラックバック一覧です: 航空宇宙工学実験:

» 測定誤差を教えるアプレット [ごんざぶログ]
自分が受け持っている「航空宇宙工学実験・ロケット推進力の測定」では、本題の推力測 [続きを読む]

受信: 2004年5月 6日 (木曜日) 18:40

« procmail / bsfilter / clamav の連携 | トップページ | プロジェクトX「毛利飛行士 衝撃の危機脱出」 »